あおぞら八重垣別館

別館概観

 あおぞら八重垣別館は建築面積約1,140平米、3階建延約3,379平米、ほぼ本館・新館と同じ構造です。 一時金、利用料金は、本館・新館と同額です。

  2、3階が居室棟、1階に多目的・リハビリ室、厨房、事務室、洗濯室などを配置しています。中央の吹抜けから中庭が見えるあおぞら八重垣の回廊式の作りは、本館新館と同様です。

一階 レイアウト

  • 1階厨房はオール電化設備、洗濯室は洗剤を使わない「我電創水」を使った洗濯システムを備えます。
  • 1階には特殊浴室があり、居室棟から両開きのエレベータを利用し直通できる仕組みです。
  • リハビリ室兼用の多目的室の広さは、現新館1階の多目的室を上回り、さまざまな活用が期待できます。

二階 レイアウト

  • 居室棟、トイレは障害者トイレです。
  • 配膳室、汚物洗濯室にはそれぞれ専用のリフト設備を備えています。

 

 

問合せ窓口